スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

答えが運ばれてくるまでに

みなさん、こんばんは!

今回は私が気に入ったとある本の紹介です。


CIMG1650_convert_20120226232616.jpg

タイトルは「答えが運ばれてくるまでに」と言います。
文:時雨沢恵一先生、絵:黒星紅白先生が担当で、メディアワークス文庫からの刊行です。
ライトノベルをよく読んでいる方は、このコンビにピンと来た方が多いかもしれませんね。
「キノの旅」シリーズなんかを書いているコンビです。

文庫の形態を取っていますが、中身は絵本です。
なので内容も90ページ程度で、普通に読んでも5分で最後まで行きます。


初めはこの本を手に取ったとき、いくら絵本でもこのページ数で文庫と同じ値段はありえないと思っていました。
しかしちょっと読んでみたら妙に感動してしまい、そのままの勢いで買ってしまったというクチです。

雰囲気としては相田みつをに近いかもしれません。
あれが好きな人は多分この本も気に入ると思います。


中身を詳細に紹介することはできませんので、全20話の中から私の気に入った1話だけ紹介します。
これも丸写しで紹介するのは問題があるので、少し省略した物を以下に書きます。


私が小学校に通い始めたとき、苗字がたった1文字違いのクラスメイトがいた。

下の名前はまるっきり一緒だった。

しょっちゅう呼び間違えられた。

間違われて驚いたり、それをネタにからかわれたり。

どうして運命の神様は、こんなやっかいなことをしてくれたのか。

どちらかが名前を変えれば、問題は解決するのに。

ずっと、そう思っていた。

そして今日、私は役所に行って、名前を変更してきた。

これで、呼び間違えられることは、永遠になくなった。

なくなったのだが…

今度は、どっちが呼ばれたのか、まったくわからなくなった。

でも、運命の神様が本当にやりたかったことは、分かった
。」



私はこの話を読んだとき、とても感動してしまいました。

みなさんは、この文章の内容が理解できましたか?
私はあえて重要なヒントである1文を削りましたので、もしかしたらわかりにくいかもしれませんね。
どういうことか分かった人は、良かったらコメントにでも残してみてください。


こんな感じの短い話が、淡い色使いの優しい絵付きで20話載っています。

気になった方は、是非とも手にとって見てください。


では、今回はこの辺で。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

葉桜が来た夏

みなさん、こんばんは!
今回のテーマはライトノベルです。

早速ですが、今回紹介するのはこちら。




「葉桜が来た夏」です。
電撃文庫からの作品で、5巻で完結している作品になります。

ストーリーとしては『宇宙からやってきた異種族と人間とが共棲する地区で起こる事件を介しながら、人間と異種族との歩み寄りを目指す』みたいな感じでしょうか。

近未来的な日本を舞台にした、割と典型的なボーイ・ミーツ・ガールなお話です。
お互いが最初は相手を嫌っているような状況という、これもまたありがちな展開。
そして巻が進むにつれてお互いを理解し、でもやっぱり素直になれないツンデレカップルの出来上がりという、これもまたまたありがちな展開。
要するに端から端までお約束なんですよね。
王道といえばそうですが、先が読めやすく飽きやすいパターンでもあります。

この手のお話は“普通の人間がひょんなことから・・・”というパターンが多いと思いますが、この作品は主人公が有能な権力者の息子という珍しいタイプです。
そのためか主人公がやたら大人びています。
こんな高校生いねーだろって感じです(笑)
雰囲気としてDEATHノートの主人公になんとなく似ているような気がします。

他にも、お話の中に政治的・思想的な話題が結構出てきます。
主人公達の知らないところで政府の役人達が色々画策しているという描写があり、なんか現実の国家戦略っていうのもこんな感じなのかなぁと思わせられます。


評価としては中の中。
良くも悪くも典型的であるため、こういうのが好きな人には良いと思いますが、飽きてつまらないという人もいるでしょう。


では今回この辺で。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

ネクラ少女は黒魔法で恋をする

みなさん、こんばんは!
今回のテーマはライトノベルです。
だいぶ久しぶりですね。


今回紹介しますのはこちらです。


CIMG1138_convert_20101120234758.jpg

「ネクラ少女は黒魔法で恋をする」です。
なんとも直球なタイトルですね。

ストーリーとしては『根暗な少女が趣味の黒魔法で自分を変えて可愛い少女になり、部活動でであった先輩に恋をする』という、タイトルそのまんまな内容になります。
恋をしないという条件のもとに可愛くなった少女が、部活の先輩に恋をしてしまうという流れです。

ラブコメというよりは純粋な青春物です。
黒魔法だとか悪魔だとか出てきますが、日常場面に干渉してくることはあまり無いため、なおさらその傾向が強いです。
初めての恋をしている少女のもどかしさが微笑ましいです。

キャラ設定は良くできています。
毒舌な主人公、さわやか先輩、お調子者など定番ながらキャラ立てがしっかりしています。
没個性的なキャラが存在しません。

一応続巻は出ているのですが、それは個人的には残念な代物だと思います。
せっかくタイトルにもなっている黒魔法が存在感があまり無いです。
1巻の最後で主人公が黒魔法から離れていくという感じになってしまうからなんですが、それにしてもタイトル(とそれに付随するコンセプト)から離れていってしまうのはどうかと思います。
1巻で終わってしまった方が良いのではと思いました。

あとストーリー紹介で“黒魔法で自分を変える”ということがありましたが、このことに関しては最後におもしろい展開が待っています。
気になる方は立ち読みでもどうぞ。


というわけで、今回「ネクラ少女は黒魔法で恋をする」の紹介でした。

では今回この辺で。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

僕にお月様を見せないで

みなさん、こんばんは!
今回のテーマはライトノベルです。
久々ですね。

今回紹介するのはこちらです。




「僕にお月様を見せないで」です。
以前からこのブログを読んでくれている方は、どこかで聞いたことがあるタイトルなのではないでしょうか。

この本は4/30に紹介した「僕の血を吸わないで」と同じ作者&イラストレーターです。
なので文章の特徴なども同じです。

ストーリーとしては『丸い卵に黄身を見てしまうと狼男に変身してしまう高校生が織り成す、ドタバタ&ほのぼの学園ライフ』といった感じです。

先にも書いたように、「僕の血」シリーズ同様のすっとぼけた文章が特徴的です。
投げっぱなしのギャグ要素は、笑いをとるには十分な破壊力です。

ほとんどの巻の構成が前半がドタバタコメディ、後半が事件の解決という流れを取っています。
主人公は狼男のため、変身すると超人的な身体能力を持ちます。
前半は高校で正体がばれないように頑張るドタバタ、後半はその身体能力を生かして悪者的な人をやっつけるという感じです。
日常から事件への導入も、無理が無い程度には自然な流れになっています。

あと「僕の血」シリーズもそうなんですけど、脇キャラに面白い奴が多いです。
頭のネジが緩んでいるような奴しか出てこないので、収集がつかなくなることもたまにありますが、それもこの作品の面白さの1つです。

また世界は「僕の血」シリーズから数年後の世界なので、同じ登場人物がちょこちょこいます。
なので前作を読んでいるとまた少し面白さがアップすると思います。


オススメ度は上の下ぐらいです。
個人的には「僕の血」シリーズより好きです。

というわけで、今回は「僕にお月様を見せないで」でした。

では今回はこの辺で。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

我が家のお稲荷さま

みなさん、こんばんは!
今日のテーマはライトノベルです。

今回紹介しますのはこちらです。


CIMG0826_convert_20100820232854.jpg

「我が家のお稲荷さま」です。
電撃文庫からの出版で、ゲーム小説大賞の金賞作品であります。

ストーリーとしては『主人公達の先祖が封じた大妖狐が復活し、主人公達を妖怪や怨霊から守りながら現代で生活をしていく』といった感じです。

ジャンルとしては現代ファンタジーなんでしょうけど、あまり似た様な作風のものを知らないんですよね。
妖怪バトルみたいなのは毎回あるのですが、どちらかというと合間合間の日常風景の方が印象的です。

主要人物である妖狐は、もちろん現代生活の知識がありません。
また妖狐を監視する目的で一緒に主人公宅に来た巫女さんがいるのですが、これも世間知らずな人間。
となると日常風景にドタバタがあるのは確定事項なわけで、そのあたりでギャグ要素を構成しています。

シリアス方面は・・・いまいち印象に残りません。
どうも日常のドタバタの方が読んでいて面白いので、シリアス分は割りとどうでも良くなってくるといいますか。

あと挿絵は個人的に好きです。
担当は放電映像先生ですが、少しぼんやりしたタッチが作品に合っていると思います。


評価は中というところ。
別に面白くないわけではないのですが、パンチに欠けるところがあるのでこんな感じです。


というわけで、今回は「我が家のお稲荷さま」の紹介でした。

では今回はこの辺で。

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

森の巨人

Author:森の巨人
典型的B型社会人(♂)
薬学部卒業の後、薬剤師にならず企業に入社しました。
多趣味なB型人間の生活をつれづれなるままに綴っていきます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。