FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実習終了とお土産

昨日で2.5ヶ月の薬局実務実習が終了しました。

長かったようで短かったようで…やっぱり長かったですね。
日々勉強することがある有意義な実習であったと思いますが、正直もう少し短くても良いかなとも思いました。
私の実習先は総合病院の前なので様々処方箋が来ますが、個人の医院の門前薬局だと相当なルーチンワークになってしまうような気がします。

この実習で分かったことは、大学で習った知識がいくらあっても実際の現場では使えないということですね。
私は大学でも成績は良いほうですが、それぐらいの知識があるだけでは全く使い物になりません。
現場ではもっと臨床的な知識が求められますし、ある程度の感覚というのも必要になります。

感覚というのが結構大事なもので、薬の知識が不十分でも感覚で補えてしまう部分も多々ありました。
経験に勝る知識は無いというのが実感できましたね。


ちなみに最終日ということで、薬局でお土産を頂きました。
事務長さんからのお土産で、その名を風邪といいます。
見事に移されました(笑)
熱はありませんが、喉の痛みと鼻づまりが酷いです。


では、今回はこの辺で。
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 こんにちは。

 実習お疲れ様です。私は薬学部1年の者ですが、やっぱり実習ってたいへんなんですね……。
 “知識はあっても実際の現場では使えない”とのことですが、知識はないよりはあったほうがずっといいはずです!(と成績が悪い私は勝手に思っています・・・)
 これからも頑張ってください。

>とめなし様

私が言いたかったのは「知識があるということ」と、「その知識を現場で生かせること」には差があるということなんですね。
いくら知識や技術が豊富でも、それを現場で生かせないと意味ないです。
多分とめなし様もOSCEの練習に入れば実感できるのではないでしょうか。
副作用や相互作用の知識があっても、それを患者に分かりやすく説明することの難しさが分かると思います。

また大学で習う知識は基本の部分でありますが、実際の現場で使われるのは基本から外れたものも多いです。
もちろん基本が一番大事なのは言うまでもありませんが、それだけでは中々難しいというのも事実です。

プロフィール

森の巨人

Author:森の巨人
典型的B型社会人(♂)
薬学部卒業の後、薬剤師にならず企業に入社しました。
多趣味なB型人間の生活をつれづれなるままに綴っていきます。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。